帯~応用編~プレゼント

これまでオリジナルレポート第1弾~第3弾でGT5の相場に対する考え方や トレードにおいて重要なポイントなどをお伝えしてきました。

そして 帯~基本編~のレポートでGT5の代名詞と言われる『帯』についてお伝えしてきました。



帯については、帯~基本編~を取得されている方ならご存知かと思いますが オリジナルレポート第1弾~第3弾を基礎として、 売り手と買い手の心理をチャートから読み解き、 今まで以上に安定したトレードをすることが可能になりました。

この帯によって、 インジケーターのようにチャート形成によって基準が変化する事のない、

"絶対的な基準"

を身に付ける事が出来ると確信しています。



まさに売り手や買い手による集団心理を反映している基準といえるので、 この先相場がどれだけ変化しても、 人が取引している以上は決して色褪せる事はないという自信もあります。

そして、前回作成した帯~基本編~では、帯の概念・使い方など基本的な考え方をお伝えしていました。 これによって何故帯を引くのか?どのように考え使っていくのか? などをお伝え出来たと思います。

この基本編だけでもパフォーマンスに変化が出てきたという嬉しいメッセージもたくさんいただいています。 そして、さらに帯について知りたい・使いこなしたいという要望もいただいていました。

これに応えるべく僕達ももう一度帯について丁寧に振り返り、 話し合い、検討を繰り返して、みなさんの実践的に役立てるようなものに仕上げるという意気込みで取り組みました。



そして今回!帯~応用編~が完成しました!!

GT5として帯に関する情報や使い方を網羅すべく、 帯の場面による役割の変化やさらなる実践的な考え方、それに対するリスクのとり方など、 これまでのレポートを凌駕する出来になったと思います!!

正直このレポートが僕達のFXを始めた時にあればどれだけよかったかと思える内容です。


もちろん帯~応用編~という位置づけで、 これまでにお伝えしたオリジナルレポート第1弾~第3弾帯~基本編~が基礎となっていますので、 まずはこれらをしっかりと土台にしてもらいたいと思います^^

このレポートで帯を完全に自分のものにして安定したパフォーマンスを叩きだせる人がさらに増えるのではないかとGT5もワクワクしています。

相場で勝つためには 正しい知識を正しい順序で習得する必要 があります。

そしてこの帯の習得こそがその最終地点であると僕達が経験上で確信していることです。


みなさんには是非順序よく学習して、この帯を習得していただきたいです。


表紙はこんな感じになってます!


obi-ouyouhen.png

レポートの取得方法

レポートの取得方法ですが、ライブスター証券さんとタイアップさせていただきました。

まずはこちらのバナーからアクセスしてください。

※このブログ内にあるバナーからでないともらえないのでご注意下さい!  

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

●ライブスター証券さん





※レポート配布条件等につきましては、リンク先の詳細をお読みください^^

このページのトップへ

■内容■

総ページ数は64ページとなっており、
ボリューム、内容とも他にない情報の濃さを誇っていると自信を持っています。

是非手にとってこの内容を自分のものにしていただきたいと思います。

帯~応用編~ 全64ページ

Ⅰ.帯を引くタイミングとその使い方・考え方

1 【単純に押し目・戻りを狙うために引く帯】の場合

2 【売り買いの節目に引く帯】の場合

3 一番重要なこと

Ⅱ.帯の上限・下限~なぜそこなのか~

Ⅲ.利食いに使う帯・押し目買い/戻り売りに使う帯

Ⅳ.どの帯が重要?

1 押し目候補として強いのはAか?Bか?

2 上昇背景において買いを狙う場合

3 下落背景において売りを狙う場合

4 まとめ

Ⅴ.実例

1 長期順張り・短期逆張りのエントリー

2 エリオット波動

3 帯の3の3

4 帯の3の3の注意点

5 目標到達後の3の3

6 3の3の9合目

Ⅵ.帯までの戻り方による注意点

1 帯に届かずレートが停滞した後に帯まで来た場合

2 急上昇(急下落)で情報が少ない場合

3 一度機能した帯に再び戻ってきた場合


■特典動画■

購入いただいた方には特典として、

ブログ内で公開していた過去動画
(2013年12月~2014年2月末までに配布したもの)

をプレゼントいたします。

特典ですがその内容は相場の本質を細かく丁寧に説明し、
かつ実践的なものとなっており、
ブログで配布していた期間も大反響で多くの感謝のメッセージをいただきました。

本レポートと合わせて見ればより理解力が深まり、
実戦での大きな武器になると確信しています。

動画数...22本

総録画時間...約670分

容量...約2.5GB

全てが役に立つ情報になっていますので、繰り返し見ていただければと思います。

このページのトップへ


HOME »  帯~応用編~プレゼント